三井物産(株)様の勉強会に参加して

2016.02.01

今回で5回目になる三井物産(株)様の勉強会に125日参加してまいりました。

過去4回参加させていただいていつも大変わかりやすく麦情報 相場情報を

お話しくださり この勉強会に参加させていただいたおかげで、様々な情報紙面 レポートを観てもそれを読みこなせる力をつけていただきました。

今回は世界的に需給が潤沢にあり麦についても相場についても

原料を買い付けるうえで大きな問題はなさそうな感じでした。

今後注目するとすればインドの生産量が減っているのでこれがオーストラリア相場の

上げ材料にならないか、ということ1CWの蛋白規格が以前のラインに戻ってくると

価格に影響が出るのではないか、ということくらいでした。

今回の勉強会では、麦・相場情報に加え、TPPに向けてどのように取り組むか、

その影響と対策について問題が投げかけられました。

九州、大阪、名古屋と同社が毎年このような勉強会を開催されていますが、

九州地区の製粉メーカーさんたちはTPPに向けてかなり具体的に取り組まれている

ようだとお聞きしています。おそらくアジアに近いからでしょう。

韓国などは高速船でプサン 博多が1時間半。フェリーなどでモノが動けば・・・

なので九州のメーカーさんたちは対韓国をかなり意識しておられるようです。

今後差別化を図った商品サービスの追及 汎用品の輸入コストの削減を極めることが

重要になるので、商社 メーカー手を携えてしっかり前に進みましょうと

締めくくられました。

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ