マニラの食事情

2015.03.27

マニラの一般的な収入は日本の10分の1とのことです。

しかし、食費は日本の半分。

そのため現地の方は日々の生活が大変です。

 

食費が高い理由としましては、スペイン統治の名残のミリエンダがあります。

ミリエンダは10時と15時のおやつのような感じらしいのですが、おやつというよりも軽い食事です。

そのため、フィリピンの方は食事を1日5回とるようです。

 

現地の人の食費代は、ペソ×10(円)が日本で私たちが食事をする感覚という事を教えて頂きました。

たとえば500ペソの食事をしたとします。

500ペソは約1350円です。

500ペソ×10(円)=5000円

500ペソの食事は日本では5000円の食事代を払う感覚ということです。

 

和食の店を増えています。

うどん、そば、かつ丼は100~200ペソでした。

マニラではトンカツがブームのようです。

 

お弁当をしているところも多いです。

 

 

ピザ好き?

ショッピングモールを見てみますと、ドミノピザ、sbarro、ピザハットなどピザ屋さんが入っており、ピザ好きだという事がうかがえます。

 

 

Jollibee

フィリピンにあるファストフードチェーンで、マクドナルドがフィリピンでシェア1位になれない理由はJollibeeがあるからだといわれています。

メニューを見てみますと、ハンバーガーの他にもカレーやスパゲッティ、ピザやごはんあります。

これはフィリピンの食文化のメリエンダにも対応しており、地元に根強い理由が分かる気がします。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ