シャルトルのご紹介①(シャルトル大聖堂)

2014.10.10

シャルトルと言えば、まずはシャルトル大聖堂(世界遺産)が挙げられます。

街のシンボル的な存在で、小高い丘の上に建ち、街の至る所から望む事が出来ます。

 

 

 正面の二つの塔は様式が異なります。

右側のシンプルな塔は初期ゴシック様式で建設された当時の物で、

左側の塔は1194年の火災で焼失し後に後期ゴシック様式で再建させれた物です。

左右非対称の塔は珍しく、シャルトル大聖堂の特徴の1つでもあります。

 

左側の塔は登る事が出来ます。

 塔の上からシャルトルの街並みを一望することが出来ます。

登る入口は分かりにくいかもしれませんが、大聖堂の中の左側に受付があります。

 

このシャルトル大聖堂はステンドグラスが有名で、そのステンドグラスは深見のある青は「シャルトルブルー」と称され、訪れる人達を魅了し続けております。

 

 

内部の修復も進んでおります。

 

シャルトル駅をおりると大聖堂はすぐに見えますので、地図がなくても迷うことなくたどり着くことが出来ます。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ