ミックス粉製造に自信あり!

新しい「デュラム小麦粉」の製粉・販売を始めました!

ミックス粉開発について

お見積り作成

商品オーダーの流れ

スタッフ紹介

社長ブログ

スタッフブログ

小麦粉豆知識

旭製粉について

  • CSR活動
  • パブリシティ
  • 許認可・免許

パブリシティ

毎日新聞(2004年2月13日発行)

当社が、フランス・シャルトル市近郊産の「シャルトル小麦」の輸入を始めたことについて、毎日新聞(2004年2月13日発行)「地域のニュース」に掲載されました。

仏産の小麦で本場の味

 

毎日新聞(2004年2月13日発行)桜井の製粉会社が輸入 試作パン出来上々
表面パリッと中はふっくら おいしさ「全国に」 

桜井市上之宮の「旭製粉会社」(西田昂社長)は同市と友好都市提携しているフランス・シャルトル市近郊産の「シャルトル小麦」20トンを初めて輸入した。製粉・試作したフランスパンは「味も香りも格別の出来栄え」という。長谷川明市長は「経済交流と、文化交流、国際友好を深めるためにもすばらしい」と、期待を込めて話している。 

旭製粉は従業員80人。江戸期に創業、46年に現在の社名になった。主に地元特産そうめんの材料、ふすま(小麦粉の製粉加工で出来る皮の粉)などを作り続けている。
小麦の仕入れ先は国内産のほか、カナダ、アメリカ、オーストラリアなどだが、昨年、貿易商社の住友商事から「シャルトル産小麦輸入」の商談があった。西田社長の長男で同社常務の定さん(39)は10年前、パリへ新婚旅行に出かけたときに食べたフランスパンの味が忘れられずにいた。「あの、おいしさは小麦粉にあった。ぜひフランスの小麦を輸入したい」とシャルトルの農協と契約を結んだ。
シャルトル市はパリの南西約100キロの農業地帯。気候・土壌が良く、品質の優れた小麦の栽培地。輸入小麦の残留農薬検査でも日本の農業基準に適合していた。
旭製粉では、シャルトル産と、国内産の小麦粉を使い、同じ条件で別々にフランスパンを試作し、定さん、長谷川市長らが試食した。「シャルトル産のパンは、表面がぱりっと硬く、中身がふわっと柔らかい。小麦特有の香りと、味覚が漂っておいしかった」と、好評だった。
輸入小麦は、「シャルトル」の商標名で販売される。定さんは、「フランス小麦は自主輸入のため、関税、仕入れ価格とも高くつくが、品質の良さは抜群。本場のフランスパンの味を全国に広めたい」と、夢をふくらませている。

シャルトルシティマガジン「Votre VILLE」

当社が「シャルトル小麦」の輸入を始めたことについて、シャルトルシティマガジン「Votre VILLE」に掲載されました。
※以下の記事は原文(フランス語)の和訳です。

シャルトルそのものが、日本へ輸出

シャルトルシティマガジン「Votre VILLE」近い将来、シャルトル市のロゴが日本で流通される小麦粉袋にプリントされる。

日本より、旭製粉と住友商事の代表者がシャルトル市庁舎を訪問し、小麦粉袋にシャルトル市のロゴ使用の了解を貰ったことに対し感謝の意を述べた。
桜井市に所在する旭製粉は、シャルトル地方の小麦を原料とした小麦粉生産を決定している。旭製粉の西田定氏は、「シャルトルで栽培される小麦は非常に品質が高いことが判った。我々が購入したシャルトル産小麦20mtについては、既に日本に到着しており、数週間で発売が開始される予定だ。シャルトル産小麦粉の販売は、日本での同市のプロモーションとなるだろう」と語った。
シャルトル副市長であるMs.Elisabeth Fromontは、「両者(シャルトル・桜井市)の結びつきは、何も文化やコミュニティーに限定されるものではない。経済についても、この関係による効果が期待できる」と語った。
この小麦は、日出ずる国で、桜井市とシャルトル市の関係をより密接にする賞賛すべききっかけとなるであろう。

毎日新聞(2013年10月16日発行)

10月13日(日)に行われた「ふれあい祭り」が、毎日新聞(2013年10月16日発行)「地域のニュース」に掲載されました。

地域で仲良くふれあい祭り

 桜井市上之宮の旭製粉で13日、「ふれあい祭り」が行われた。同社が敷地を地域住民に開放して、チヂミや焼きそばなどを振る舞った。親子連れら約470人でにぎわった。
 市内で虐待事件があったことなどをきっかけに、子供ども会を活性化し地域の結束を固めようとスタートし、今年で4年目。住民の手作りで復活させたみこしを、そろいの法被姿の子どもたちがひいた。奥井章・上之宮区長は「大人も子どもも、地域で仲良く過ごすための祭り。4年ですっかり根付いており、ありがたい」と話していた。

 

朝日新聞(2014年8月21日発行)

新聞(2014年8月21日発行)の協同組合全国製粉協議会の広告特集に当社の社長のインタビューが掲載されました。

伝統のうどん、そうめんを地場産小麦で!広がる小麦による地域おこし。

 

 

 

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ