最近の国内産小麦需給について(その2)

2021.02.01

以前は、農家の生産予定数量が製粉会社の購入希望数量を上回るミスマッチ状態が続いていましたが、ここ数年は国内産小麦の人気の高まりもあり販売希望数量が生産予定数量を上回るいわゆる逆ミスマッチ状態になっていました。これは強力系を中心とした品種の品質向上が大きな要因の一つになったと思います。しかし今年は豊作が続いたこともあり、国内産小麦が余る状態、つまりミスマッチの状態に戻りました。国内産小麦は昔からこうしたことが繰り返されてきました。今後国内産小麦の需要を増やすには、更なる小麦の品質の向上や安定と商品開発が不可欠になると思います。それが私たち中小製粉の生き残りの方策に欠かせない要素でもあります。

 

 

 

 

 

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ