BCP対策に旭製粉のバリュプロポジション活用

2020.08.31

BCPの一つに、作物の大不作や災害による特定商品メーカーの供給ストップがあります。自然由来以外にも、銘柄の廃番などによって製造中止のようなケースも多々あります。顧客にとってはいずれにしても原料供給が途絶えるわけで、事業継続の大きな妨げになります。こうした事態に備え、旭製粉の多品種少量ミックスやBPO,ユニパクが効果を発揮します。作物の不作等で供給不足が予測される場合、多くのメーカーは代替え品の検討をしていますが、二種類以上のブレンドで対応するケースが多いです。そうしたときには旭製粉の機能が十分に発揮できるチャンスでもあります。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ