売上至上主義に対する疑問(その1)

2020.03.16

製粉会社に限ったことではありませんが、会社の目標が売上になっているところがおおいのではないでしょうか?製粉会社の場合、月の目標数値の最初に出荷袋数が来る会社が多いです。すなわちどれだけの数の小麦粉を売ったか?ということです。わが社もどれだけの小麦粉が売れたかどうか?が会社の最重要指針になっていますし、営業マンの成績の最重要バロメーターになっています。私も「最近出荷が減って業績があまりよくありません」といった会話を交わすこともあります。業績が悪く苦しんでいた時ももっと小麦粉が出荷されれば、業績が改善するのに。と思ったこともしばしばありました。果たして会社の業績はこの出荷袋数がすべてなのでしょうか?そこには大きな落とし穴があるような気がします。

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ