オーストラリア(その3)

2019.12.02

初日の予定が急遽変更となり、メルボルンのエメラルド社の港湾施設を視察しました。エメラルド社は港湾に48,000t収容の穀物サイロがあり、年間150万トンの扱い高になっています。内陸に8つの集荷基地があり、鉄道とトラックで港まで運ばれてきます。この港では4種類の小麦と大麦を扱っています。ASW(一般的なスタンダード小麦、日本に来ているものとは異なる)APW、AH2、F1(大麦)。

ここでは内陸サイトや農家から直接穀物を受け入れ、船やコンテナーに積み込む作業が行われています。また国内の飼料向けや製粉工場への出荷も行われています。

最近は中国から豪州向けの雑貨を積んだコンテナーが大量に入っているため、豪州から帰りコンテナーの荷物として、アジア向けに小麦を積んだ荷物が急激に増えているようです。

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ