PH小麦の新たな可能性

2019.10.24

東豪州の中部が極端な旱魃で高タンパク原料が不足しています。オーストラリアとしては、珍しいことですが、カナダから高タンパク小麦を輸入しています。また西豪州から小麦を移動しているとも聞いています。

そんな中明るい話題として、小麦の産地が南に下がってきているということです。南のエリアは降雨もそこそこあり収穫は比較的順調との事です。土壌の性質も高タンパク小麦が作りやすい状態だそうです。これまでPHはブリスベン出しのものを日本は買い付けてきましたが、シドニーやメルボルンといった南から出るPHに期待がかかります。ただこれまで使ったことがないので、日本のラーメン適正があるのかは見分けなければなりません。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ