平成の30年とは何だったのか(その8)

2019.01.31

平成の時代は大きな激変の時代でした。しかし生き残っていくためには、社会の環境変化にいかに順応できるかにかかっていると思います。それは小手先では得られない、失敗の連続を乗り越えた先に得られるように思います。30年という劇的変革の時代の中で、人の購買行動や媒体、あるいわ人の価値観も大きく変化しました。製粉業界もあそらく市場規模は相当減少した、30年でもありました。大手製粉はシェアを大きく伸ばし、中小は相当減らしました。つまり生きていくスペースがどんどん縮まったわけです。私は平成の間、いきるためのスペースを求めて、30年かけて緩やかに環境変化への順応に努めてきたのだと思います。平成とはそうした時代だと思います。

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ