コンセプトの具体例

2016.11.10

あるコーヒーチェーンのコンセプトをチェックしてみたいと思います。S社は「くつろぎの空間」あるいわ「第三の場所」。つまり家庭でも職場でもない安らぎの場の提供をコンセプトにしています。確かに注文してから商品が出てくるまで待たされます。これは時間に余裕のあるお客様にゆっくりしてもらいたいという狙いがあります。お客さんのほとんどは読書にふけったり、パソコンを開いたり、各々の時間をゆったり過ごしている印象があります。一方D社は「さりげなく小粋」あるいわ「忙しいビジネスマンの休息」。時間のない人に短時間で満足してもらうことが狙いではないかと思います。確かにこの店で待たされるのは問題かもしれません。私はD社にも時間のない時、大変お世話になっています。同じコーヒーでも出店場所やメニュ構成、お店の雰囲気など全く違うことがわかります

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ