産業天気図

2016.10.13

102日の日本経済新聞に201610月から12月期の産業天気図予測が発表されました。30業種のトータルは2期連続の低下となるようです。円高等による輸出産業の苦戦が予測されています。

その中で気になった業種があります。それは百貨店です。前期の曇りからこの期は小雨になっています。これはおそらくインバウンドや富裕層の購入が落ち着いたからとの見方があります。特にインバウンドは一人あたりの購入単価の下落が大きな原因のようです。いわゆる爆買いなくなってきたということです。それに比べ旅行ホテルは依然として晴れマーク。海外のお客さんが減ったわけではなく、目的が買い物から別の観光や体験型に変わってきたと言われています。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ