傾聴(その1)

2016.09.15

「話をきく」という漢字は「聞く」と「聴く」があります。

この二つの間には大きな違いがあることは皆様もご承知のことと思います。今日は「聴く」の方のお話をしたいと思います。「聴く」はただ単に聞こえている状態ではなくて、しっかり話を聴くこと、言い換えれば身を入れて聴くことです。文字を分解すれば耳と目と心で聴くになります。つまり五感を働かせ聴くことが重要になります。人に話すことが好きな人は多くいますが、聞き上手な人は先輩から話し手の目を見てあいづちを打ちながら聴く。そして手でメモを取りながら聴く。人の話を聴くときは、それが礼儀だよと教えてくれたものでした。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ