TPPによる影響

2016.02.25

TPPにおいて小麦は国家貿易を維持し税率も維持されたことで現行とあまり変わらない形に落ち着きました。

しかし小麦粉調製品や二次加工品についてはTPP枠の新設で関税が現行より低くなったり0になったりするものが出てきます。したがってこれらの商品の輸入が増加する可能性は大きくなります。輸入される商品の小麦換算の量は40万トンになると予測されています。これはあくまで予測ですのでこの通りになるとは言えないかもしれません。しかしTPPの脅威は輸入小麦関連商品の輸入拡大という脅威を抱えていることは間違いありません。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ