台湾小麦粉事情(その1)

2015.07.06

お隣の国台湾は、小麦粉商品の消費が意外と多いのです。

6年前に訪問したとき台湾の小麦の加工量は100万トンでした。それが今年お話を聞くと120万トンに増えているということでした。6年間で20%増えていることになります。

これはひとえに小麦粉を食べる量が増えているということで、食の西洋化等が要因だと考えられます。

日本人の年間一人当たりの小麦粉消費量は33Kgですが、台湾は54.5Kgでかなり多いです。ちなみに米は日本では60Kg、台湾は45.6Kgとなっています。この数字から台湾の小麦粉消費が多いかがわかります。

これからもっとパンやスウィーツの消費が伸びてくれば更に加工量が増えることが予想されます。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ