アメリカ小麦(その9)

2014.08.18

コロンビア川周辺には小麦の輸出ターミナルが7か所あります。そのほとんどは日本企業が資本参加しています。農場から鉄道やハージ(小型のバラ積船)で集められた小麦を大型船に積む作業をするところです。まさに日本向け小麦の出発地です。その一つのターミナルに訪問しました。ここは新しい設備で鉄道の受け入れもスムースにできるようにできています。この日も大型船が停泊していて本来であれば積み込み作業を行っているはずですが、作業は行われていませんでした。それは今日本で問題となっているアメリカ産小麦の遅れの問題です。実は予定より1か月程度遅れることがしばしばです。その理由はここにあったと思います。すなわち農産地からの鉄道が来ないのです。その最大の理由はエネルギー系の荷物が多く貨車がそこにとられているからなのです。つまり機関車と運転手がいないため小麦が順調に運ばれないのが原因です。日本では小麦の在庫がなくなるか否かハラハラすることもあり、是非とも解決して欲しい問題です。

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ