西豪州の小麦事情(その6)

2014.04.28

もう一つオーストラリア小麦の問題があるように思います。それは他の国との取り合いになる可能性があるということです。世界地図を広げてみてください。オーストラリアの上は大消費地のアジアがあります。ベトナム、タイ、インドネシア等小麦がほとんど取れないけど消費は現在右肩上がりで伸びてきている地域への輸出を考えると北米やロシア、ウクライナ等の輸出国よりオーストラリアは便利な場所にあります。サウジアラビアのようにもうすぐ国策で小麦生産が終わる国もあります。いずれの国へもオーストラリアは大変アクセスの良い場所に位置しており、品質も安定していることから、これらの国と小麦の買いをめぐっての競争する可能性が高いのです。豊作不作のリスク、ヌードル品種の安定的生産の危惧、他国との競争等様々な問題があります。

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ