パスタの消費量

2013.07.04

パスタは現在1年間で一人当たり2Kgを消費していることはお話しました。

年間5回以上口にするものは、日本の食文化に溶け込んだ(これは私の理論です)とすると20~30回食しているパスタは今や国民食といえます。小麦粉の年間一人当たりの消費量は30kg強であることを考えると小麦粉全体の6%はパスタということになります。

1975年ではパスタ消費量が9.6万トンであったのに対し、2009年では実に26.5万トンになっています。この40年の間に3倍になっているわけです。

 

小学生の頃、「らんらんスパゲティ」というソフトスパがとても好物でした。一般の小麦粉で作ったうどんみたいなスパゲティだったとおもいます。その後冷凍食品や外食また家庭やお弁当のおかずといった様々なシーンに登場するようになりました。簡便においしくできるパスタソースや調味料の開発も消費拡大に大いに貢献したと思います。

 

«  | 一覧 |  »

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ