ミックス粉製造に自信あり!

新しい「デュラム小麦粉」の製粉・販売を始めました!

ミックス粉開発について

お見積り作成

商品オーダーの流れ

スタッフ紹介

社長ブログ

スタッフブログ

小麦粉豆知識

旭製粉について

  • CSR活動
  • パブリシティ
  • 許認可・免許

粉屋物語

「ただの粉屋」に用事はない!

私がまだ20代の若い頃、旭製粉は小麦粉一筋の会社でした。
飛び込み営業で駆け回る私の売り文句は、もっぱら「粉を買ってください!」の一手。しかしほとんどの訪問先は「粉は足りている、用事はない」「忙しいから帰れ」といった“門前払い”でした。
そして食い下がろうとする私に、重い言葉が飛んできます。
「おたくは、小麦粉の他に何をしてくれるの?」

今考えると、相手にされなかったのも当然だと思います。
私は、営業先で聞かれるお客様の不満や改善点には何一つ応えることができずに、ただただ「粉を買ってください」としか言うことができなかったのですから。

当時、私たちの顧客層である製パン・製麺業界は、弱肉強食のスピードが早まり、地方の中小企業は、軒並みその力を弱めていきました。
市場は縮小傾向にあり、私は将来への強い危機感を抱かずにはおれませんでした。
この先、この会社の行く末は、どこへ向かうべきか、と。
コモディティとしての小麦粉のみを生産していては、間違いなく消え去ってしまう。
しかし、どこに向かえば良いのか、迷路に迷い込んだ状態で全く分からない状態だったのです。

苦心の末、「ミックス粉」に活路を見出す

小麦粉悩む私が光明を見出したのは、過去の苦い営業経験からでした。
「小麦粉を売る他に、何か出来ないのか」と断られ続けた日々。
今の旭製粉に必要なのは、我が社ならではの「武器」を装備することだと。
武器とは、すなわち商品力であり、提案力であり、ヒューマンパワーです。これを実現するために、よりきめ細かな、多岐にわたる「開発力」をつけなければと確信しました。

そこで注目したのが、昭和50年から始めていたプレミックス商品の製造です。これを、もっと多くのお客様に広げていこうと行動を開始したのです。
開発項目はパン・麺・菓子・バッター等。お客様のラインに入らせて頂き、共同で試作などを繰り返すようになりました。

そんなある時、「小麦粉の全く入っていない粉体を、数種類ミックスしてほしい」とのご依頼がありました。
当社には200kgの小さなミキサーもありましたので、対応は可能でした。「うちの小麦粉を使わない商品なのに?」との思いもありましたが、ひとまずお受けしたところ、味、品質ともに、とても出来の良いミックス粉を作ることができたのです。「素晴らしい商品が出来た!」と、お客様にも非常に喜んで頂きました。

“「小麦粉」にこだわる必要はない。私たち旭製粉は、「粉」のプロフェッショナルを目指すのだ…”
迷路の出口が、ようやく見えてきた感じがしました。
この経験こそが、今日のプレミックス事業の根底にあるのです。

どこにもないものを作り続ける

粉配合事業の大きな活路が開けた当社は、その後、プレミックス製品の仕事を次々と受注できるようになりました。小麦粉のみならず、あらゆる「粉もの」の案件に積極的に取り組みながら、今日に至っています。
その過程の中で、お客様からは「もっと小さいサイズの製品はできないか」「粉の配合をよりバラエティに」など、様々なご要望を頂いてまいりました。
そのたびに私たちは創意工夫と研究を重ね、鋭意努力の末に、ご希望にかなう商品を世に生み出してきました。お客様からのリクエストに真摯に対応させて頂く姿勢は、これからも変わることはありません。

お客様が、本当に必要としている商品を共に考える。
どこにもないもの、どこにも対応できないものを作り続ける。
それが我が社の決意です。

お問い合わせはこちら

営業時間:9時から17時まで 定休日:土・日・祝

電話:0744-42-2971/FAX:0744-45-4569

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ